松島から遠く離れた奥羽山脈の雪解け水は、
深い森をなぞり里山を抜けて、山の栄養を平野へ運び、宮城の米を育てます。
そのたくさんの川が流れ込む宮城の海は、
親潮と黒潮が交わる潮目でもあり、牡蠣の生育に適した豊かな海です。

米粉をだんご状にして、牡蠣を丸ごと一粒のせて、プレス機で焼き上げました。

凝縮した牡蠣のうまみと、米粉のパリパリの食感のおせんべい「カキとコメと」。
松島の店舗では焼きたてをお出しします。
旬の食材を入れた「季節のカキとコメと」や「小さなカキとコメと」もございます。
ぜひ松島へいらしてください。

カキとコメと

米粉を団子状にして、牡蠣を丸ごと一粒入れて、プレスした牡蠣せんべい

季節のカキとコメと

宮城の旬の食材を入れた季節限定のカキとコメと

小さなカキとコメと

持ち運びやすくサイズを小さくし、箱入りにしたカキとコメと